赤坂〜二川間 (東海道)


28日目(2012年12月29日)に赤坂宿から小阪井駅まで、29日目(2013年2月9日)に二川駅まで歩いた記録を記しました。

第28日目ルート(半日)

(1) 赤坂宿
(2) 御油の松並木
(3) 御油橋
(4) 秋葉道追分常夜灯
(5) 冷泉為村卿の歌碑
(6) 伊奈一里塚跡
(7) 小坂井駅

第29日目ルート(全日)

(1) 小坂井駅
(2) 子だが橋
(3) 下地堤防
(4) 西惣門跡
(5) 本陣跡
(6) 東惣門跡
(7) 山中橋
(8) 松並木跡
(9) 岩屋緑地
(10) 二川駅

豊川市内

案内板のある交差点から13:53に歩き始めました。 すぐに本陣跡となります。宝永年間には4軒あったと記されています。 関川神社のクスノキ(推定樹齢800年)の前を通ります。 赤坂宿を出るところに、見附跡がありますが、明治に取り壊されたそうです。


ここから御油の松並木になります。 松枯れのためか、強風時は倒木の恐れがあるため通行止めになるそうです。 台風でやられた松の切り株もありました。 江戸時代の絵図にも見られる十王堂が、並木の東端に建っています。


東林寺の近くを通ると、本陣跡となります。 近くに松並木資料館がありますが、年末のため休館していました。 街道は資料館の手前で一本南の道に移ります。


高札場跡の公園、ドイツの医師ベルツの花夫人の解説版があります。 続いて、御油橋を渡ります。


交差点には、秋葉道追分常夜灯が建っていました。 一里塚跡の前を通り、大社神社となります。


薬師如来、寛政年間の秋葉山常夜灯がありました。 やがて国道1号を渡りますが、このあたりは旧道が残っていないようです。


おそらく旧道は一時的に名鉄豊川線の北側に抜けるようです。 このあと再び国道1号を横断します。ここから先、道はほぼまっすぐです。


冷泉為村卿の歌碑という案内板がありました。 碑自体は新しいものです。


伊奈一里塚跡があり、まだ江戸まで75里(約300km)もあることが記されています。 さらに行くと、伊奈村立場茶屋(茶屋本陣) 加藤家跡の案内板や、句碑があります。


そして小坂井駅の北に至りますが、日没が近いので終了しました(16:25)。


11:19に同地点から歩き始めました。う(草かんむりに免)足神社の前を通ります。 また、「子だが橋」の案内板があります。 昔、う足神社の大祭初日に最初に通る女性を生贄とする風習があり、 そこを通った人がたまたま自分に会いに来た娘だったものの、 「子だがやむをえん」と生贄にしてしまったとのことでした。 豊川放水路を渡ります。

豊橋市内

豊橋市に入ります。魚市場があります。


祠の前に明治時代の標柱が建っています。 その先にも"文化財保"までしか読めない標柱がありました。 後で地図を見ると瓜郷遺跡が近くにありますので、この関連でしょうか。


風情がある場所を通り、豊川に接します。 「下地堤防改修記念」と記されたところがあります。 江戸時代に作られた霞堤の跡です。現在は新しい堤防ができています。


松葉塚のある聖眼寺、復元された常夜灯の前を通り、豊橋を渡ります。


橋の南には、「船町と高札場」の案内板があります。 吉田大橋がこの70m下流にあり、そこが高札場だったそうです。 道を曲がると「原田圭岳筆『老松図』屏風」と書かれた案内板が神社の前にあります。 さらに道を曲がります。


西惣門跡があり、吉田宿に入ります。本陣跡の前を通ります。


そして、路面電車の豊橋鉄道の路線を渡ります。 問屋場跡の表記があります。


一本北の道に移ります。このあたりで昼食としました。 続けてもう一本北の道を進みます。


東八町交差点には、東惣門跡がありました。 路面電車の走る多米(ため)街道が東海道から分岐する場所です。 ここには新町の大燈籠があります。 文化2年に建てられ、三河地震と戦火で失われたものを復元したものです。


ここから広い国道1号となります。 寿泉寺の三重塔、山中橋を通過します。 そして2〜3km進んでようやく道は分岐します。


かなり進んだ後、道は分岐していましたが、ここでは細い方へと進みます。 松枯れで失われた松並木の最後の松の切り株がありましたが、 植林で復元を試みているようでした。


さらに数百m進んで岩屋緑地の北を通り、道を曲がって東を南下します。


やはり数百m歩きます。道はやや下りとなっています。 火打坂交差点を渡ります。このあたりは火打石が取れたそうです。 伊良湖へ進む道が分岐する所に道標が建っています。 二川駅に到着して終了しました(15:25)。


岡崎〜赤坂
二川〜新居
戻る