岡崎〜赤坂間 (東海道)


26日目(2012年8月11日)に岡崎から藤河まで、27日目(2012年9月15日)に赤坂まで歩いた記録を記しました。

第26日目ルート(半日)

(1) 伝馬町
(2) 二十七曲がり東端
(3) 大平一里塚
(4) 乙川
(5) 吉良道道標
(6) 西棒鼻跡

第27日目ルート(半日)

(1) 西棒鼻跡
(2) 本陣、脇本陣
(3) 東棒鼻跡
(4) 山中地区
(5) 本宿の入口
(6) 一里塚跡
(7) 本宿陣屋跡
(8) 豊川-岡崎市境
(9) 長沢城跡案内板
(10) 赤坂宿

岡崎市内

前回の続きから、12:48に歩き始めました。しばらく大通りを進み、2回直角に曲がって大通りの1本南の道を進みます。 行基作の観世音菩薩と伝わる根石寺があります。保健所の近くで南へ曲がります。この辺りで食事としました。


街道は再び曲がりますが、ここに碑文がありました。岡崎二十七曲がりの東端はここのようです。 そのまま進んでいくと、やがて国道1号に合流します。


国道沿いを歩き続けます。東海道の表記を見かけます。東名高速の入り口の所で国道1号から一時的に離れます。


鳥居の所で再び国道から分かれます。やがて国指定文化財の大平一里塚(最後の1枚)がありますが、 北側の塚は昭和3年の道路工事で消失したとのことです。


大岡越前守陣屋跡(2枚目以降)が街道のすぐ北側にありましたので、寄り道しました。


道標を通りすぎ、国道1号と交差します。


東海道は乙川を渡りますが、昔の橋は無いため、現在の大平橋まで迂回します。


山網川を渡り、かなり歩いたところで、松並木が見えてきます。さらに進むとやがて国道1号に合流します。


国道の区間は1km近くあり、立派な松並木の所で国道から分かれます。


このような立派な松並木はあまり見かけません。レスピーギの華やかな曲が頭を流れ、凱旋しているような気分です。 名鉄線を渡ると吉良道道標(4枚目)があります。塩の道だったようです。


その先を行くと、藤川宿の一里塚跡の案内板(1枚目)が建っていますが、塚は現存しません。 また、芭蕉句碑(2,3枚目)と十王堂(4,5枚目)が同じ場所にあります。


すぐ近くの小学校前にも幾つか案内板があります。その中に宿場の西側の入り口を示す西棒鼻跡があります。 この日はここで終了しました(15:17)。 次は、11:07に歩き始めました。藤川郵便局跡と書かれた、むらさき麦に関する案内板があります。


しばらく進むと、藤川宿の案内とともに、脇本陣跡の建物(4枚目)があります。 ここには、資料館が建っていて見ることができます。また、道路元標も建っています。 ここからわき道に入ると、本陣石垣があります。本陣は脇本陣のすぐ近くです。


所々に、○○屋という表示がなされています。 問屋場跡、稱名寺(武田成信墓、力士江戸嵜墓)、高札場跡の案内板を見ながら進みます。


常夜灯(3枚目)の所で、街道は直角に曲がります。 ここは曲手(かねんて)となっていて、すぐにまた直角に曲がります。


曲手のもう一つの角には市場改耕碑が建っていて、ここから少し進むと東棒鼻跡となり 、藤川宿はここまでとなります。 棒鼻の復元は平成になってからとのことです。


しばらく国道1号に合流した後、細い道に分かれ、その先の舞木橋を渡ります。 山中八幡宮、山中城址、そして周辺の解説版が建っています。


やがて再び国道1号に合流します。


しばらく国道1号を歩きます。 国道から再び分かれるところには、本宿の入口を示す案内板があります。 松並木が残っています。


宇都野龍碩邸跡と長屋門と記された案内板があります。 七代目龍碩は蘭方医とのことです。さらに進むと、一里塚跡があります。

その先には十王堂跡の案内板が、さらに寛政年間の常夜灯、本宿村道路元標が建っています。


また、病院の近くに本宿陣屋跡と代官屋敷跡の案内があります。 代官屋敷の場所は、案内板に記された地図の通りに進むとあります。


橋を渡った所に、行基創建とつたわる法蔵寺があります。 この寺には、家康が幼少期に教育を受けたともいわれ、御草紙掛松が復元されています。


案内板のあるところで国道1号に再び合流します。しばらく歩き続けます。 ようやく岡崎市を抜けて豊川市に入ります。

豊川市

国道沿いに随分長い距離を歩きます。そして、関屋の辺りで国道から分かれます。 2つのお堂が並んでいるところがありました。


神社の標柱が2箇所に建っていました。


長沢小学校のフェンスの向こう側に道路元標に見える石柱がありました。 小学校の角には、長沢城跡の案内があります。ここは、両側が山なので、戦略上重要でした。 その先に一里塚跡があります。


高架の下を潜り、橋を渡ります。


道沿いに寺院の石柱を見かけます。


十王堂跡、赤坂の舞台の案内があります。


赤坂陣屋跡がありましたが、駐車場となっていました。 赤坂宿の休憩所、道路元標もあります。


旅籠の大橋屋は、豊川市指定建造物となっていました。


赤坂紅里交差点の所には、赤坂宿関連の案内板が幾つもあります。 この日はここで終了しました(14:18)。


知立〜岡崎
赤坂〜二川
戻る