掛川〜日坂間 (東海道)


33日目(2015年9月21日)に掛川から日坂まで歩いた記録を記しました。

第33日目ルート(半日)ノルディック ウォーキング

(1) 掛川駅北
(2) 七曲
(3) 葛川一里塚
(4) 馬頭観音
(5) 諏訪神社
(6) 伊達方一里塚
(7) 賜硯堂成瀬大域出生の地
(8) 高札場
(9) 川坂屋
(10) 藤文

掛川市内

掛川駅より歩き始めました(12:47)。 ちなみに、この北に見える掛川城は、木造で復元されたものです。 歩き終わってから寄りました。


七曲に入ります。 城下町の街道には、敵の侵入の妨害が多いです。 秋葉道・塩の道の表示もあります。


塩の道は途中で分かれます。とにかく頻繁に曲がります。


途中、秋葉常夜燈があります。 くねくね七曲を抜け、大通りに出ます。


しばらく歩き続け、逆川となります。 ここに常夜灯および葛川一里塚跡があります。


広い道を1km以上歩きます。 馬頭観音のあるところで国道1号に合流します。


延々と2kmほど進みます。常夜灯が1本建っています。


中学校の見えるところで、国道から離れます。


諏訪神社の所で一旦国道に再合流してから、再び分かれます。 慶雲寺への道標や石川依平生誕地碑、寛政年間(安政年間再建)の常夜灯があります。


大頭龍神社があります。西方村堀ノ内駅の道標が建っています。 この反対側に、伊達方一里塚があるのですが、なぜか見落としました。 その先には、福天権現の道標、そして嵐牛蔵美術館があります。


塩井神社の辺りで国道に再度合流します。 このまま高架を潜り、真っすぐ1kmほど進みます。


事任八幡宮の辺りで、大通りから分かれます。 村界を示す石柱が建っています。


弘化年間の秋葉常夜燈、賜硯堂成瀬大域出生の地があります。 この「硯」とは楠木正成愛用のものと伝わるそうです。


逆川の所で下木戸となり、高札場跡があります。 宿場に入っていきます。


また、ここにも天保年間の秋葉常夜燈があります。


旅籠の川坂屋がありますが、ここは資料館となっています。


旅籠の萬屋では、天井裏が覗けます。フラッシュを焚かないと写りません。


また藤文は、郵便制度開始と同時に郵便局を開いたとのことです。 この日はここで終了しました(14:49)。 バスの本数が少ないので、 あらかじめ到着時刻を計画して歩く必要があります。


見付〜掛川
日坂〜島田
戻る