水口~土山間 (東海道)


4日目(2014年8月13日)に水口から土山まで歩いた記録を記しました。 また、2017年7月15日に、見落とした水口宿本陣と、歩いていない渡船場を通る旧道を歩きました。

第4日目ルート(全日)

(1) 水口石橋駅
(2) 東見付跡
(3) 一里塚跡
(4) 松野尾川
(5) 本陣跡
(6) 田村神社
(7) 蟹が坂

甲賀市内

水口石橋駅を10:36に歩き始めます。 すぐに三筋の町となり、真ん中の道を進みます。


曳山祭の解説とモニュメントがあります。


三筋はやがて合流します。高札場があります。 途中、本陣跡もあったようですが、この時は見落としました。


2017年に再訪した時の本陣は以下のようになっていました。


東見付跡となり、水口宿を出ます。


橋を渡り、国道を越えます。


街道の松並木の案内碑があります。 八幡神社、栄福寺の前を通ります。 水口町文化財の来迎図があるとのことです。


野洲川の前の県道に一時的に合流します。


宝善寺の前には案内板があります。 近くに弁慶ゆかりの岩があるとのことです。 やがて県道に合流します。 高札場の所で県道から分岐しているように見えましたが、 案内板はまっすぐ進むよう指定されていました。


県道から離れ、浄土寺の前を曲がります。 ここに休憩所があり、さらに一里塚跡もあります。


経塚、稲川碑の案内板の前を通ります。 そして、国道1号を渡ります。


そのまま、ずっと歩き続け、国道1号を渡ります。


街道風情が出てきます。 三好赤甫旧跡の案内板があります。 このあたりから、土山宿まで、 旅籠跡の標柱がしばしば見られます。


道沿いには明治天皇聖蹟碑や、 漢詩の碑があります。


そして、野洲川が良く見える場所となります。


松並木が残っているところがありました。 しばらく進み、大日川掘割の案内板があります。 元禄年間に排水路を掘ったものです。


また、一里塚跡があります。 塚自体は残っていません。


垂水頓宮御殿跡碑が建っています。 そして、瀧樹神社の入り口2箇所の前を通ります。


その先で道が分岐します。元々の東海道は北側の道です。 ルートは明治13年に変更され、 現在は、松野尾川を渡る橋もありません。 寄っていくことも考えましたが、時間の関係でそのまま進みました。 川を渡り、向こうの分岐点まで歩きました。


なお、2017年に再訪した時に旧道ルートを歩きました。川の西側は以下の通りです。 川の手前に柵があり入れません。


川の東側は次のようになっています。川の近くに馬頭観音らしきものが建っています。


旧道新道分岐点の先に、 御代参街道起点の案内板があり、ここから脇往還が分岐しています。 天明年間の道標も一緒にあります。


すぐに国道1号から分かれます。土山宿に入ります。 大きな宿場町で、頻繁に取り上げられるだけあって風情があります。


また、土山宿陣屋跡、高札場跡、大黒屋本陣、高桑蘭更歌碑、明治天皇聖蹟碑が、 公園に固まってあります。


さらに公民館に林羅山の漢詩碑があります。 また、井上博士の漢詩碑もその先にあり、 この横に建っているのが土山家本陣跡です。 土山宿問屋宅跡もあります。


その先の問屋場跡の案内板の奥に、 東海道伝馬館があります。 入館無料でした。 いくつか地図をもらいました。


森鴎外の泊まった平野屋、森白仙終焉の地、 白川神社、来見橋を通ります。


扇屋伝承文化館が建っていましたが、 開いていないようでした。お盆だからでしょうか。


上島鬼貫歌碑が建っています。ここに崩し字の標柱がありますが、 真新しく、建立が平成と正直に記されていました。 道の駅のあるところで北に曲がります。


国道1号の反対側に田村神社があります。坂上田村麻呂が祭られています。 鳥居を潜って参道を歩きますが、山下清もスケッチを行った場所とのことです。 そして、もう一つの鳥居で東に進みます。 元の東海道は道の駅のところを曲がらず進んで 川を徒歩で渡っていたそうですが、 安全上の理由から、橋のあるルートに変更されたそうです。


その橋は、安藤広重の絵にも描かれています。 ここに、井上士朗歌碑、高札場跡もあります。


蟹坂古戦場跡碑があります。1542年の山中氏が北畠軍を退けた戦です。 トンネルを潜ります。


バスの時刻との兼ね合いもあり、蟹が坂交差点近くで歩くのを終了しました(15:44)。


石部~水口
土山~関
戻る