石部〜水口間 (東海道)


2日目(2014年5月3日)に石部から水口まで歩いた記録を記しました。

第2日目ルート(全日)ノルディック ウォーキング

(1) 石部駅
(2) 見附跡
(3) 夏見の里
(4) 天保義民之碑
(5) 横田渡の常夜灯
(6) 北脇縄手
(7) 一里塚跡
(8) 水口石橋駅

湖南市

石部駅から、10:52に歩き始めました。「鉤の手道」の案内板のところで曲がります。


復元された田楽茶屋で再び曲がります。寺院の案内石柱が頻繁に見られます。 小島本陣跡のところには、明治天皇聖蹟碑が建っています。


石部宿場の里があります。三大寺本陣跡、問屋場跡、常盤館跡、 高札場跡、石部城跡の案内板があります。 城の石垣が残っているそうで、確かに石垣はありましたが、 該当のものかどうかはわかりませんでした。


寺社などの前を通りながら、宿場の入口である見附跡に着きます。


歩いている途中で中国語訛りの人に道を尋ねられました。 休憩所があります。


甲西駅の南の橋のところには常夜灯があります。


風情がある道を進みます。休憩所があります。


明治19年に作られたトンネルがあります。 一里塚跡の案内板がありますが、実際の位置は70m東とのことです。


この周辺は夏見の里と言うようです。茶店が何軒もあったようです。


多沙川のふもとに弘法杉がありますが、樹勢回復のための処置が施されています。 ここには、さらに先より古い明治17年のトンネルがあります。県下で最古らしいです。 このあたりで食事をとりました。


さらに進んで、踏切を渡ります。


石柱が3本が建っています。真ん中のものは寛政年間のものです。 しばらく進むと、明治天皇聖蹟碑があります。 そして三雲駅の前を通ります。


その先に、横田常夜灯がありますが、 元々は200mほど上流にあったとのことです。 街道から少し外れると、大きな天保義民之碑が丘の上に建っています。 幕府による一揆への過酷な弾圧後、明治時代に名誉回復がなされたものです。

甲賀市

現在渡し舟はありませんので、少し戻って橋を渡ります。 甲賀市に入り、川沿いの道を進みます。 ここにも対岸の横田渡の常夜灯があります。 横田橋の跡もあります。


ここから、川沿いの道を外れます。 泉一里塚があります。 日吉神社御旅所の石標のある橋を渡ります。


風情ある町並みを進みます。ここにも御旅所の石標が建っています。


延々とまっすぐな道です。風情あるバス停が途中にあります。


北脇縄手と松並木の案内があります。松並木が少しだけ植えられています。


街道は1本北に移ります。


するとそこは一里塚跡でした。 水口城下には、一里塚が3箇所あるとのことです。


今は寺院の門ですが、家臣屋敷の長屋門を移築したものが見えます。


百間長屋跡の案内板があります。 防衛のため、街道に面したところには門が無かったようです。 その先の水口石で街道は北に曲がります。 この石は、力石とも言われていますが、持ち上げて力比べしたのでしょうか。 すぐに東に曲がります。


神社の見える交差点を過ぎ、やがて南へと曲がります。


そして水口城天王口跡の案内板で再び東に曲がります。 東海道は元々直進していて、水口祭では曳山が引き入れられたとあります。


甲賀市水口地域市民センターの前を通ります。 隣に大きな曳山の"山蔵"がありました。 この日は水口石橋駅のところで終了しました(15:27)。


草津〜石部
水口〜土山
戻る