関〜加佐登間 (東海道)


6日目(2014年11月1日)に関から亀山まで、 7日目(2015年5月2日)に加佐登まで歩いた記録を記しました。

第6日目ルート(短時間)ノルディック ウォーキング

(1) JR関駅北
(2) 関の小萬のもたれ松
(3) 太岡寺畷
(4) 野村一里塚
(5) 京口門跡
(6) 関宿

第7日目ルート(半日)ノルディック ウォーキング

(1) JR亀山駅北
(2) 江戸口門
(3) 巡見道との辻
(4) 和田一里塚
(5) 和田道標
(6) 旧井田川小学校跡
(7) 地福寺付近の石碑群
(8) 中冨田一里塚
(9) 領界石
(10) 庄野宿資料館
(11) JR加佐登駅南

亀山市内

12:12に、関駅近くの地点から歩き始めました。この日は雨で歩くのに苦労しました。 御馳走場の前を通ります。


関宿の東端、東の追分となります。ここから伊勢へ街道が分岐します。


国道1号に合流するところで、関の小萬のもたれ松があります。 今は隣のカエデより小さな松が植えられています。


川を渡り、国道1号から離れて鈴鹿川と平行に進みます。


この区間は、太岡寺畷と呼ばれています。 東名阪自動車道と名阪国道を潜ります。


JR線を渡ります。このあたりで昼食としました。 その先、道が分岐しますが、北側の道に進みます。


昼寝観音、布気皇舘太神社の前を通ります。


T字路を北に曲がります。大庄屋打田権四郎昌克宅跡の標柱があります。 そのまますみます。


野村一里塚には、樹齢400年のムクノキがあります。 北側のみが残っていますが、ここまで立派な一里塚は珍しいです。


道路の塗装が変わります。 道に迷わないのはいいですが、この配色は街道風情には全く合いません。 まちかど博物館のプレートも所々あります。


森家住宅が建っています。


竜川を渡り、京口門跡となります。 このあたりから亀山宿に入ります。


亀山城の外堀跡があります。


ここで2回直角に曲がります。曲尺手でしょう。 ここから大半の家には、「○○や跡」の札が掛かっています。


旧舘家住宅があります。中では何かのイベントの準備がされていました。 その先には飯沼慾斎生家跡の標柱も建っています。


雨にうんざりしたので、 西問屋場跡の所で、この日は歩き終わりました(14:02)。 亀山城の櫓が見えます。


続きは、11:13より歩き始めました。まず、亀山城の観光です。 枚数が多くなるので大半の写真は省略しますが、 多門櫓をはじめとして、いくつもの遺構があります。


東海道に戻り、東に進みます。高札場跡の交差点で曲がります。


福泉寺山門、黒田孝富墓の案内などがあります。 江戸口門跡で北に曲がります。


巡見道が分岐する場所がありました。


このあたりには、 昔の屋号を示す板が、大半の家屋に取り付けられています。


一旦、昼食をとりました。 しばらく進むと、和田一里塚跡がありますが、 塚は一時的に消失していたようで、 少し場所を移して模式復元されたものです。


掲示板には、和田町の案内が記されていました。


国道1号の手前でカーブします。 元禄時代の和田道標が建っています。 ここから神戸、白子、若松方面に道が伸びています。


その先には17世紀末頃の谷口法悦題目塔が建っています。


しばらく進んで東に曲がり、国道1号を渡ります。 JR線が見えてきます。


JR線を渡って進みます。


井田川駅近傍は、次回の歩きのときに歩きなおしました。

鈴鹿市内

地福寺の近くには、観音堂跡やいくつかの標柱があります。


古い公民館があります。続いて安楽川を渡り、川俣神社の前を通ります。


承応年間創建とされる常念寺があります。


川俣神社の前に、 中冨田一里塚跡があります。


しばらく進んだところに、領界石があります。同様のものは、 川俣神社前にもあったのですが、移設されたものかもしれません。


東海道は、汲川原町交差点を通っているようですが、大きく迂回せざるを得ません。


そして庄野宿に入ります。


公民館の前に距津市元標九里拾九町の石柱が建っています。 また、庄野宿本陣跡の碑もあります。 そのまま進むと、庄野宿資料館があります。 ここに江戸時代の高札が現存しています。


庄野町西交差点で東に曲がり、国道1号に出ます。 そして加佐登駅近くで歩くのを終了しました(15:10)。


土山〜関
加佐登〜四日市
戻る