伊部〜岡山間 (山陽道)


15日目(2013年4月27日)に伊部から上道まで、16日目(2013年4月28日)に岡山まで歩いた記録を記しました。

第15日目ルート(全日)ノルディック ウォーキング

(1) 伊部駅
(2) 大ケ池
(3) 香登一里塚
(4) 長船地域
(5) 一日市宿
(6) 砂川
(7) 上道駅

第16日目ルート(全日)ノルディック ウォーキング

(1) 上道駅
(2) 藤井宿
(3) 長い直線区間
(4) 百間川
(5) 総門跡
(6) 京橋
(7) 金刀比羅神社
(8) 奉還町商店街
(9) 備前三門駅

備前市内

前回の続きとして、伊部駅近くの場所から、10:28に歩き始めました。 備前焼の町並みを進み、新幹線を潜ります。


灌漑のための大ケ池に沿って歩きます。平安時代末期には400m西に堤があったようです。 最近、貿易自由化による農業保護の名目で、池の改修が行われました。


尖った大内山が近づいてきます。


観音堂の前を通り、元禄以前創建の大内神社となります。 ここには香登一里塚があります。北塚のみ残っていますが、木はありません。


地蔵尊の前を通り、町並みを見ながら進みます。


最上稲荷の近くに、道標が建っていました。元文年間の比較的古いものです。

瀬戸内市内

新幹線高架を潜ります。このあたりで昼食をとりました。 刀の産地の長船に関する案内板、下津井軽便鉄道の車両展示がありました。 下津井港は、交通の変化とともに寂れてしまいました。


吉井川沿いの国道2号を延々と進みます。明治天皇巡幸記念の碑が建っています。

岡山市内

備前大橋を渡り、岡山市に入ります。


一日市交差点で国道から分かれます。文政年間の常夜灯が建っています。 このあたりは一日市宿となります。


そのまま歩き続けます。鳥居の前の常夜灯はやはり文政年間のものでした。


国道250号を渡ります。中学生たちが通るたびに挨拶をしてきました。 明治時代の道標と天保年間の常夜灯が建っています。 その先には、大正年間の道標があります。


砂川を渡ってまっすぐ進みます。史跡案内板が建っています。


山沿いに歩き、国道250号に近づいた後離れますが、やがて合流します。


沼の前を通って踏切を渡り、西へ進みます。


新幹線を潜ってから離れます。その先の上道駅近くでこの日は終了しました(15:33)。 翌日8:59に再開しました。


快晴で歩きやすい日でした。のどかな雰囲気の中、道なりに進みます。


天保年間の常夜灯と安国寺経塔があります。 1624年に寺が再建されたことを記念したものです。 藤井宿となり、町並みには風情がでてきます。


八幡社前の常夜灯(文化9年)のところに藤井宿の案内板があります。 山陽道はたびたび付け替えられたことが記されています。 また、近くに黒住教(文化11年に岡山市で発祥) の施設(4枚目)がありますが、街道沿いの他の場所でも見かけました。


その先のすさのお神社の鳥居は慶応年間でした。ここに新往来の案内板があります。 幕末の長州征伐のときに、諸藩の藩士が城下を通過することを避けるため、 ここから迂回路を整備したそうです。


一時的に山の稜線沿いから離れます。 そして、新幹線高架を潜り、さらに在来線を横断します。 そこから先は2km以上の直線区間です。


直線区間の途中には明治時代の道標がありました。 かなり歩いてコンビニのところでようやく真西に曲がります。


曲がった後もやはり2km弱は直線区間です。百間川の原尾島橋を渡ります。


川の反対側から、市街地に向けて進みます。 折れ曲がるところもありますが、真っ直ぐな区間が主です。


総門跡の案内板が建っています。 郵便局のところには、文筆家の内田百閧フ解説版があります。


内田百關カ家前には句碑があります。 どぶ板は花崗岩製で、岡山ではあたりまえとも記されています。


御成川の橋詰には稲荷社があります。


岡電東山本線に沿って西へと曲がります。


橋を3回渡ります。 最初の橋で岡山城が見えますが、ここから先の市街地は建物が邪魔をして良く見えません。 3つめの橋が京橋です。


京橋の西詰には、京橋渡り初めの図、明治時代の道標、岡山市道路元標があります。


すぐに西大寺町商店街に入ります。2ブロックほどで北へ曲がります。 昼食休憩を取りました。


商店街の北端で路面電車の路線に突き当たり、ここで西へ曲がります。 柳川駅の西の道を北へと進みます。


途中、天正年間に整備された金刀比羅神社があります。 参勤交代の諸大名が参拝したそうです。 空襲で破損した、寛政年間の常夜灯、手水鉢、狛犬があります。


後楽園通りのところで西へ曲がります。


JR線で行く手を阻まれますが、地下道があることに気づいて潜り、反対側に出ました。 ここは岡山駅の北です。


そのまま西へ進むと、奉還町商店街となります。 山陽道の解説もありました。 廃藩置県後、士族の家禄奉還金で、商店街ができたとあります。


アーケードを抜けても商店は見られます。


国道180号を渡ります。 道が少し曲がっている部分もありますが、ずっと東西方向です。


途中、國神社があります。 参道の石段(元禄年間)を改修したことが記されていました。 この日は備前三門駅北で歩き終わりました(14:31)。


三石〜伊部
岡山〜清音
戻る