三石〜伊部間 (山陽道(西国街道))


14日目(2013年3月10日)に三石駅から伊部駅まで歩いた記録を記しました。

第14日目ルート(全日)ノルディック ウォーキング

(1) 三石駅
(2) 山陽本線
(3) 八木山地区
(4) 八木山一里塚跡
(5) 国道2号から分かれる
(6) 閑谷神社参道標柱
(7) 一本松一里塚跡
(8) 藤原審璽旧宅跡
(9) 宇佐八幡宮
(10) お夏の茶屋跡
(11) 伊部駅

備前市

前日の続きとして、8:25に三石駅前から歩き始めました。 一里塚跡の石柱があります。 ただし、一里塚跡の案内板はこれより東にもありました。 しばらく進み、三石神社となります。


三石城址への登山道入り口があります。 また、南西方向の山肌には木野山神社らしき建物がポツンと建っているのが見えました。


光明寺が見えるところで、山陽本線を潜ります。 すると、先の木野山神社の参道がありました。


雨がぱらついてきました。しばらく南下して、国道2号に合流します。 さらに1km以上南下し続けると、山陽自動車道の備前ICとなります。


インターの高架を過ぎると、西側へ国道を潜ることができました。 ここで八木山の集落に入ります。 薬師如来霊場参道入口の案内板が建っています。


集落を抜け、地蔵尊の先のところで、国道2号を潜ります。 そしてそのまま2号を進みます。


中国自動車道を潜ります。


そのすぐ先に、 「明治天皇八木山御小休所阯」及び「八木山一里塚跡」の碑が、 同じ広場に建っていました。 国道沿いを緩やかに下っていきます。


1km以上進むと、ようやく国道を離れ、のどかな雰囲気となります。 梅も咲いていました。


街道は山裾に沿っています。やがてT字路となりますが、南へ進みます。 ここに祠と閑谷(しずたに)神社参道の石柱があります。


道が分岐するところもありますが、山裾側の道を進みます。


池を過ぎると「藤ヶ棚 茶屋跡」の標柱が建っていて、 江戸期に藩主の休憩所および茶屋があったとあります。 その先で国道2号に合流します。


片上もしくは一本松一里塚跡が大池に面した所にありますが、 元は50mほど東にあったそうです。 しばらく進み、街道は再び国道2号から離れます。


山陽新幹線の手前の分岐点では北側、 越えたところの分岐点は南側の道を選んで進みます。


風情のある住宅街を歩きます。小川を越えてから坂を下っていきます。


天神宮、国道2号、山陽本線踏切を続けて越えます。


直木賞作家の藤原審璽旧宅跡の標柱があります。


雨が降ってきたので、しばらく雨宿りしました。 片上宿の標柱と共に、宇佐八幡宮がありますが、 これは足利尊氏の戦勝にちなんで、豊前の代わりにこの地に建てたのだそうです。 狛犬は備前焼で、文政年間のものです。 その先、津山街道との辻になります。


片上宿には、多くの標柱が連続して建っていました。 「刀工備州祐高造之宅跡」 「前海屋跡」 「志賀家の跡」 「片上駅三の陣跡」 「日本売薬 備中売薬の祖 (薬祖)万代常閑翁跡」 「明治天皇行幸の地」 「恵美須屋跡」 「片上脇本陣跡」 とあり、それぞれに説明がありました。


突き当りで西に曲がりますが、そこに道標が建っています。


「お夏・清十郎」の、お夏の墓、および前川哲蔵の墓標があります。


坂を登っていくと葛坂峠の案内板があり、さらにお夏の茶屋跡がありました。 峠からは、国道と池が見えます。


池の西端から旧道は続きます。 しばらく歩いて、交差点の所で斜めに延びる道に入ります。


ここからは備前焼一色の町並みとなり、観光地にもなっています。 窯跡などの史跡もあります。1411年創建と伝わる天津神社があります。


この日は、伊部(いんべ)駅の北で歩くのを終えました(13:12)。


有年〜三石
伊部〜岡山
戻る