加古川〜姫路間 (西国街道)


9日目(2011年3月5日)に加古川からひめじ別所駅まで、10日目(2011年4月2日)に播磨高岡駅まで歩いた記録を記しました。

第9日目ルート(半日)

(1) 寺内町
(2) 加古川
(3) 宝殿
(4) 正蓮寺
(5) 六騎塚
(6) ひめじ別所駅

第10日目ルート(全日)

(1) ひめじ別所駅
(2) 御着宿
(3) 一里塚跡
(4) 日本廻国塔
(5) 市川橋
(6) 外京口門跡
(7) 姫路宿
(8) 本徳寺
(9) 車橋の碑
(10) 播磨高岡駅

加古川市内

半年ぶりに西国街道を西進します。 加古川駅から寺家町のアーケードに行く途中、道標と篠原北向地蔵尊案内板がありましたので、おまけに載せておきます。 前回終了地点には12:38につきました。


アーケード街には、陣屋の案内がありますが、柵があって肝心の建物は入れなさそうです。アーケード街はその先で終わります。


しばらく行くと、加古川となります。渡った先で国道2号から分かれ、一時的に合流した後再び分かれます。


街道沿いで、古いアパートが取り壊されていました。時代とともに少しずつ風景も変わっていきます。

高砂市内

歩き続けた後、宝殿駅に至ります。そこには「尉(じょう)と姥」の発祥の地の碑があります。近くには傾いた道標が建っていました。


しばらく進むと、鳥居の所に常夜灯など色々集まっている場所がありました。 常夜灯には安永の文字が見えるのですが、新品同様で平成にしか思えません。 もしこれが200年以上後まで残ると、間違いを生みかねないので、復元の年も入れるべきではないかと思いました。


また、道標が街道沿いにありましたが、半分埋もれていて一部しか読めませんでした。覚正寺のすぐ先に五輪塔が建っています。


姫路バイパスを越えて西へ曲がると、橋のところに道標がありました。 街道の北側は山地ですが、石を切り出したところに石造地蔵のようなものが見えます。


しばらく寺社が多くなります。正蓮寺の所には案内板があり、860年頃創建とありました。


国道2号の歩道橋を渡り、お堂などを見ながら歩きます。 最後から2枚目は、地蔵尊の文字が殆ど消えた板が掲げられていましたが、これは公民館でした。


曽根駅近くのカーブの崖には地蔵尊があります。池を越えて国道2号に至ります。


国道2号からはすぐに分かれます。やがて姫路市に入ります。、

姫路市内

しばらく進むと、六騎塚があります。南北朝時代の伝説に基づくものです。中央の石碑は嘉永の年号がありました。


大池の前を通り、ひめじ別所駅近くの道路元標の所で終了しました。15:15となっていました。次は11:00から歩き始めました。


そのまま西へ進み、国道2号の歩道橋を渡ります。部分的に街道が残っていないように見えますが、播但連絡道あたりから残っているようです。


この辺りは、少し街道風情が残っています。


延命寺と大歳神社がありました。神社の常夜灯は元治元年とあります。この周辺は御着と呼ばれていて、宿場がありました。史跡案内板が2箇所にありました。


街道の北には小寺大明神があり、出土した五輪塔もあります。国道2号の北側には、御着城跡公園があり、黒田官兵衛の碑もあります。


やがて、天川橋、続いてJR山陽線や新幹線を渡ります。山陽道の古ぼけた案内と道標が建っていることに気づきます。 また、その先で山陽道一里塚跡の標柱がありましたが、一里塚自体は残っていないようです。


近代と思いますが道標が建っていて、ヒメジとカタカナで記されていました。 しばらく進み、斜面の上に「日本廻国塔」があることに気づきました。4枚目の写真には明和の年号が刻まれています。 前橋の休心という人によるとのことです。


川の手前で、2箇所大きな碑が斜面に建っていました。1749年に大洪水があり、400人を越える死者が出たとのことです。 ここで北に曲がり、新幹線を潜って橋の方向に進みます。道路に木が埋まっていたので、以前はもう少し狭い道だったのかもしれません。


昼食をとってから市川橋を渡ります。家電店の反対側から道は続いています。


「地蔵院の石棺仏」という案内がありましたが、塀に囲まれていてよくわかりませんでした。 やがて一本北の広い道に移り、播但線を潜ります。


播但線を越えてから一本北の道に移りますが、公園の前には「城東地区旧町界地図」がありました。 開発で町並みが変わっても、なるべく地名は操作しないで欲しいものです。 この付近は姫路城の外京口門跡があり、解説を読むと東光中学校の場所において、過去多くの学校が入れ替わってきたようです。


姫路城の堀の手前で南に曲がり、しばらく進んで再び西へと進みます。やがてアーケード街となります。


二階町通りには、脇本陣があったと記されていましたが、どこにあるのかわかりませんでした。 交差点付近からは、修理中ですっぽり覆われた姫路城が見えました。表面に描かれている絵にうっかり騙されてしまいました。


本陣跡をはじめ、幾つもの案内が商店街にありました。


しばらく歩き続け、2回ほど曲がって本徳寺(姫路船場別院)に至ります。 傷んでいて修復するようですが、古いままの方が味があります。 最後から2枚目は、第一次世界大戦のドイツ人捕虜が故郷を偲んで彫ったという城です。風雨にさらされてかなり崩れています。 その後ろには勤皇の志士の石碑があります。本徳寺の前を北に進んで、突き当りから西へと進みます。


小姓町と元町の町名由来の解説版の前を通り、さらに車橋の碑に辿りつきます。 車橋は船場川にかかっていて、離れた場所に存在する理由は不明とのことです。


途中曲がり角はあるものの、道なりに進みます。トンネルのあるところで少し迂回して道を渡ります。 その先はずっと真っすぐな道が続きます。


高岡村道路元標があり、その近くに高岡地区の自治会が建てた西国街道の碑があります。 姫路市に入ってから「西国街道」よりも「山陽道」の表記の方が多くなったので、しばらくぶりの感があります。


国道2号に合流しますが、すぐ近くに播磨高岡駅があったので、ここで終了しました。 15:00となっていました。姫路以西は自宅から遠く、宿泊して2日がかりで歩いた方が楽な領域ですので、再開は当面先の見込みです。


明石〜加古川
姫路〜有年
戻る