明石〜加古川間 (西国街道)


7日目(2010年8月7日)にJR西明石駅からJR土山駅まで、 8日目(2010年8月21日)に加古川宿まで歩いた記録を記しました。

第7日目ルート(半日)

(1) JR西明石駅
(2) 雲楽池
(3) JR大久保駅
(4) 清水神社
(5) JR土山駅

第8日目ルート(半日)

(1) JR土山駅
(2) 五輪塔
(3) 野口神社・教信寺
(4) 胴切れの地蔵
(5) 加古川宿

明石市内

前回の西国街道歩きから半年空けて、さらに西へ進みます。JR西明石駅近傍を11:52に歩き始めました。神社と小さな寺の前を進みます。この辺りに道標があるようですが、見逃したようです。国道2号に合流し、す ぐに2号と分かれるようです。公園には小学校の卒業生が設置した西国街道の案内があります。蓮のある雲楽池を過ぎると、国道2号を横断します。


神社を越えて進むと、街並みにやや風情の残る区間を通過します。緩やかな坂を登っていきます。


「明治天皇大久保御小休所建物」と書かれた標柱がありましたが、高い塀でよく見えません。町が開けて大久保駅の近くを通りますが、そこに大久保村道路元標がありました。やがて再び国道2号に合流します。


富士通の工場の敷地内に小さな社が見えました。街道は工場内を通っていたのだと思います。ホルスタインのいる牛舎の所で国道から離れます。ここから先のルートは明瞭なので、道に迷うことはありません。


鳥居の前の常夜灯は元文年間のものでした。街道の雰囲気も良くなっています。


この付近は溜池が幾つもあります。しばらくのどかな雰囲気の中歩いていきます。途中弁当休憩をとりました。


井戸らしきものの前を通って進むと、松の茂みの向こうに顕彰碑があります。私は漢文は読めませんが、灌漑に関するもので、昔大変な困難があったようです。その先の墓地には、南北朝時代の石造五輪塔が建っています。


また、清水神社には「清水のオクワハン」の解説版がありました。これは田植えの終わった水田を歩く祭りとのことでした。神社では盆踊りの準備がされているようでした。


その先で道標を見つけました。江戸期でしょうけど年代はわかりません。川を渡って進むと、頭部が毛羽立った鳥の群れを見つけました。後でハッカチョウであることがわかりました。


年代のわからない道標がありました。三木の表記がありますが、半分壁に埋め込まれています。この日はJR土山駅近くで終了しました(14:39)。次の回は12:10に歩き始めました。この日も防暑対策をしっかり施し、日傘を使用しました。


加古川市内

すぐに、加古川市と明石市のマンホールが並んでいる場所になります。この辺りは播磨町の境界も近くにあって入り組んでいます。しばらく進んで土山薬師堂があります。JR線を横切って、昼食休憩としました。


途中、街道風情のある場所を通りますが、トラックで風景の前方が良く見えません。高畑薬師堂の前を通ります。


西国街道は国道2号を横切ります。人力車の前を通って、小学校に突き当り、再び2号を横切ります。神社の常夜灯は建立が享和年間でした。


道が分かれますが、南側を進みます。東加古川駅を通過し、しばらく歩きます。やがて、室町時代と推定される五輪塔に至ります。ここから先、しばらく街道が残っていないようです。


高層マンションの反対側に西国街道の残っている場所を見つけました。ここから進むと、野口神社の角に道標があります。この神社は350年前の創建とあります。この場所は野口廃寺跡でもあるようです。


野口神社の少し先には教信寺があります。平安初期の創建のようです。


途中、破損した道標があります。交通事故かもしれませんが半分以上欠損していて読めません。その先のお堂の前の手水鉢(写真奥側)は、嘉永のものです。


すぐ近くに14〜15世紀の宝篋印塔がありますが、和泉式部の墓と伝えられるそうです。「和泉式部の墓」と称するものを見たのは、これで何回目でしょうか。


一時的に国道2号に接します。しばらく行き、道切れの地蔵の前を通ります。確かに2つに割れています。


そして、寺家町商店街のアーケードとなり、加古川の中心街に入ります。この辺りは加古川宿となります。歩いていると、どこかの宗教団体(もしくは悪徳商法団体)から勧誘を受けてしまいました。本陣手前の県道19号の場所で、この日は終わりました(15:14)。


神戸〜明石
加古川〜姫路
戻る