萩原〜枇杷島間 (美濃路)


19日目(2011年8月12日)に萩原から稲葉まで、 20日目(2011年10月8日)に庄内川まで歩いた記録を記しました。

第19日目ルート(短時間)

(1) 名鉄萩原駅北
(2) 高木一里塚跡
(3) 中嶋宮鳥居
(4) 津島道の道標
(5) 稲葉一里塚跡
(6) 名鉄国府宮駅南

第20日目ルート(全日)

(1) 名鉄国府宮駅南
(2) 国府宮一の鳥居
(3) 長束正家邸跡
(4) 四ツ家追分
(5) 長光寺六角堂
(6) 総見院
(7) 清須宿本陣
(8) 須ヶ口一里塚跡
(9) 新川橋橋詰
(10) 清須市西枇杷島問屋記念館
(11) 枇杷島橋
(12) 東枇杷島駅北

一宮市

前回の名鉄萩原駅の北から、13:53にスタートしました。猛暑日でしたので、歩くのには苦労しました。 大通りから1本南の道に移ると、串作問庄屋・問屋場 佐藤家跡の碑がありました。 徳川家茂が長州征伐の途中で休憩した場所とあります。その先で南へ曲がります。


高木神社の前を通り進んでいくと、高木一里塚跡があります。掲示板にも高木一里塚の文字があります。


文化年間の題目が刻まれた石柱や、小さなお堂の前を通ります。しばらく広い道になります。


中嶋宮の鳥居がありますが、本殿はここより北とのことです。すぐに南へ曲がります。 稲沢市に入ります。

稲沢市

一部街道が残っていない区間がありますので太い県道を進み、 ガソリンスタンドのところで東へ分岐します。 角を曲がって進み、再び広い道に合流します。


稲葉宿へと入っていきます。古い家が増えていきます。


津島道の道標があり、丸い形をしていました。また、中問屋場跡の家屋があります。 この他にも東と西の問屋場があったのだそうです。


稲澤町道路元標の近くに本陣跡の碑があります。 この碑は大きいものの生垣の切れ目に入っていて、見逃しそうになりました。 ここから南へ進みます。


一里塚跡の案内板もありましたが、小さく手書きで見逃しそうなものでした。 大江用水を渡り、道は真東へと向きを変えます。


地蔵尊と小さなお稲荷さんの先の交差点が、名鉄国府宮駅の南になります。 猛暑でもありますので、この日はここで終了しました(15:51)。次は12:08から始めました。


はだか祭で有名な国府宮の一の鳥居があります。常夜灯は文化年間でした。 街道は90度真南に曲がります。 そのまましばらく歩き、マンション前の美濃路石標の少し手前で再び東へ曲がります。


すぐに南に曲がりますが、街道筋から長束(なづか)正家邸跡が見えます。 案内板の先で南東へ、さらにある程度歩いた後、再び東へ曲がります。


しばらく真っすぐな道です。やがてJR線を渡ります。


すぐに岐阜街道との分岐点である四ツ家追分となり、ここに石碑が建っています。 岐阜街道にちょっとだけ進んでみると明和年間の常夜灯がありました。 美濃路に戻ると、すぐに丹羽盤桓子出生地の碑があり、ここで南東へ曲がります。


長光寺の前に至りますが、そこには先の四ツ家追分の道標が移設されていました。 この長光寺には重要文化財の六角堂があります。 境内には織田信長が飲んだという臥松水の碑、境内を出たところには浅野長勝の碑が建っています。


北市場美濃路公園の所で道が分岐していますが、美濃路は公園に沿っている方です。 亀翁寺がその先にあり、虚空蔵菩薩は重要文化財とのことです。 常夜灯は安政年間でした。また、西側には織田信長の菩提寺となっている総見院が見えます。

清須市

寺院を見ながら歩きます。昼食休憩をとりました。


東名阪自動車道、JRの在来線と新幹線を続けて潜ります。 その先に清須宿の本陣跡があります。門だけが残ったようですが、 それ以外に宿場の痕跡は見当たりませんでした。 また、清涼寺の所は札の辻で、高札場です。


五条川にかかる五条橋の所からは、清須城跡が見えますので、 近くまで行ってみました。五条橋を渡った所には、前田利家とまつの解説版がありました。


南下し続けると、やがて名鉄線を潜ります。


一本東の道に移ります。 そのまま南下をつづけると、須ヶ口一里塚で出土した道標が寺院の前に建っていました。 一里塚はそこから少し南へ進んだところです。そして、名鉄線を渡ります。


新川橋の橋詰は高札場でしたが、ここにあるポケットパークには多くの道標や碑などが集められていました。 ただ、道標は絵画などと違い、存在する場所に大きな意味があるのではないでしょうか。 この新川は、江戸時代に治水のために掘られたようですが、 2000年の決壊(別館の愛知県写真参照)により、 再び整備されたようです。


瑞正寺(3枚目)には、高さ4.5mの宝塔が建っています。これは江戸時代、近くにあった刑場で処刑された者のためのものでした。


この辺りには尾張地方独特のの屋根神様が今も残っています。通常三つの神社のお札を祭っているとのことです。 近くの松原神社のイチョウは、痴呆症の防止に関する伝説があるとのことでした。


問屋記念館が道沿いにありますが、残念ながら閉館時刻を過ぎていました。 JR高架手前には山車蔵があります。1805年に遡るものだそうです。


庄内川を渡る手前には橋詰神社があります。ここから岩倉街道が分岐します。 枇杷島橋は今は無く、新しい橋が上流と下流に掛け替えられました。


名古屋市

いよいよ名古屋市に入ります。枇杷島橋のモニュメントが建っていました。




名鉄線を潜った所にある、藤原師長ゆかりの清音寺で歩き終わりました(16:34)。




墨俣〜萩原
枇杷島〜宮
戻る