垂井〜墨俣間 (美濃路)


15日目(2010年7月3日)に垂井から西大垣まで、16日目(2010年8月11日)に西大垣から墨俣[すのまた]まで歩いた記録を記しました。美濃路のルートは大垣映像プロジェクトの広告入り無料パンフ(墨俣以西)や、一宮市尾西歴史民俗資料館の全4枚の詳細なルートマップが参考になります。ネット上では、Network2010が便利です。

第15日目ルート(半日)

(1) 垂井宿
(2) 松並木
(3) 長松七曲がり
(4) 久徳一里塚
(5) 塩田の常夜灯
(6) 西大垣駅南

第16日目ルート(全日)

(1) 西大垣駅南
(2) 住吉灯台
(3) 大垣宿本陣跡
(4) 小野の長橋
(5) 東町常夜灯
(6) 町屋観音堂
(7) 一里塚跡
(8) 墨俣宿本陣跡
(9) 長良大橋


垂井町・大垣市

前回の中山道垂井宿からの続きとして、13:11に美濃路を歩き始めました。残念ながらこの日は雨でしたので、歩くのは苦労しました。歩いて行くと、垂井の松並木が今も残っています。青年クラブによる、こも巻きによる並木保全の説明の掲示板もありました。


JR東海道線をわたりますが、そこには大垣街道の表記があります。神社の前を通って進むと、美濃路の道標がありますが、すこししゃれた形状なので、歴史的な道であることを示すために建てたものに思えます。


やがて国道21号に到達します。このあたりで食事としました。一里塚もあったらしいですが、残っていないようです。ここから先しばらく街道は県道に並走しますが、これも殆ど残っていないようです。美濃路は道路下のトンネルをくぐって南に折れます。


その先の寺院の前には、木造薬師如来坐像(平安中期)と木造十一面観音菩薩立像(江戸初期)の案内板がありました。この付近は長松七曲がりというようです。


ここには、昭和と、明治以前と思われる道標があります。雨で濡れていて字が読み取りにくくなっていました。平林荘跡が近くにあるはずですが、どれのことか今一つわかりません。寺院などを見て進みます。


大谷川を渡ります。石灰岩でできた谷汲山道標が立っていますが、事故か何かで破損しているようにも見えます。しばらく街道の残されていない領域を進みます。神社の前を通って進み、少しわかりにくいですが工場の前の細い道を進みます。


常夜灯の前を通って進むと久徳一里塚があります。この先で南へと進みますが、手前で曲がってしまい、しばらく迷いました。


神社や寺院などがあり、街並みも風情が出てきます。杭瀬川の前には、木造である塩田の常夜灯があります。ここには昔塩田港がありました。ここで橋を渡ります。


街道は北へ進み、県道31号に合流します。そのまま先に進み、養老鉄道線の踏切で15:44に終了しました。晴れていればさらに先まで進めたはずで、やはり雨の日に強行すべきではないと思いました。次の回はこの場所から13:25に歩き始めました。


前の月から暑い日が続いていたので、通常の暑さ対策に加えて、購入したばかりの日傘を活用しました。いくつも寺社や標柱を見ながら広い県道18号を進み続けます。


水門川という運河の所に、奥の細道むすびの地の案内がありました。また、船町中組常夜灯、そこから北へ曲がって天保年間の住吉灯台、句碑、文政年間の船町道標が建っています。


続いて東へ曲がり、医者で草本学者であった飯沼慾斎邸跡の碑、そして大垣宿本陣跡があります。


何度か直角に曲がります。曲がり角には大垣宿問屋場跡の案内、別の曲がり角には本町道標を見つけました。字体が昔風で文政と書かれていますが、殆ど風化していません。よく見ると、昭和48年に復元とあります。商店街に入ると脇本陣跡の案内があります。その先の高札場跡は見逃してしまったようです。近くに大垣城があるため、昼食の後、立ち寄りました。天守は工事中で見えませんでしたが、中に入ることはできました。


名古屋口門跡を曲がり、大垣宿を後にします。しばらく東へ進みます。小さな神社には、木造如意輪観音坐像の案内がありました。小学校手前の一里塚跡は気づかず通り過ぎてしまったようです。


途中、北に進む区間を通ります。宝光寺で再び東に向けて進みます。川の所には、小野の長橋跡と書かれた標柱があり、「鎌倉街道」とも記されています。


東町で、道は少し南へずれます。ゴミ収集の表示で読めない標柱も建っています。揖斐川堤防まで来ると、嘉永年間の佐渡常夜灯があります。ここに渡し場がありました。


安八町・瑞穂市・旧墨俣町(大垣市)

幅広い揖斐川を迂回して渡り、大垣市を抜けます。ここから先は市町の境界を何度も横切ります。雲が出てきて暑さが和らいできました。揖斐川左岸のどこから歩き始めるかわからなかったのですが、勘で進んだら正しい道でした。南北に細長い結神社の南、町屋観音の前を通ります。ここでおじさんに話しかけられ、しばらく立ち話をしました。


細く曲がった舗装道を進みます。再び鎌倉街道の表記がありました。

 
舗装道から分岐して並走する場所だったので見落としそうになりましたが、東結一里塚跡を見つけることができました。


一夜城跡の見えるあたりで、美濃路の標柱を見つけました。墨俣宿に入ります。


津島神社に琉球使節通行記念燈籠と書かれた碑が建っています。また、脇本陣が近くにあります。


水路の手前には、墨俣宿本陣跡の碑が建っていました。この日はその先の長良川にかかる長良大橋で歩き終わりました(17:39)。途中から曇ったものの、真夏に長時間歩けたのは、新たに導入した日傘のお蔭でもあります。


おまけ

翌年に、墨俣の少し南の鎌倉街道を訪れました。1枚目は大垣市景観遺跡の奥田家水屋、4枚目は壬申の乱にゆかりのある不破明神です。


近くには、源平墨俣川の合戦で戦死した源義円にちなむ義円公園や、そこから少し歩いたところに義円の墓があります。


柏原〜垂井
墨俣〜萩原
戻る