柏原〜垂井間 (中山道)


14日目(2010年5月4日)に柏原から垂井まで歩いた記録を記しました。

第14日目ルート(全日)

(1) 柏原宿歴史館
(2) 東山道の碑
(3) 寝物語の碑
(4) 今須宿
(5) 常盤御前の墓
(6) 不破関
(7) 関ヶ原宿
(8) 七つ井戸
(9) 一里塚
(10) 垂井宿

米原市

この日は9:47に歩き始めましたが、まずは前日閉館していた柏原宿歴史館を見学してからにしました。東へ歩いていくと、八幡神社の中に芭蕉句碑「其ままよ 月もたのまじ 伊吹山」があります。


その先には、龍宝院跡、さらに東見付跡があります。


小栗判官照手姫の伝承の笠地蔵があります。元の場所からは移動していますが、寛政年間の絵図には記されていたそうです。


鳥居の隣に、旧東山道の碑があります。ここから県境まで東山道と中山道が一致しているそうです。長比城跡登り口の案内もあります。かなり早いですが、弁当休憩としました。


この辺りは楓並木となっています。寺跡の標石を越えます。

関ヶ原町

すぐに近江と美濃の境界となり、寝物語の里碑があります。国をはさんだ旅籠に泊まった客同士が寝ながら会話できたということです。ここで岐阜県に入り、街道歩きで初めて近畿外に延長して東海地方に入ります。ここには奥の細道の歌碑もあります。


国道21号を越えると、車返しの坂があります。ある公家が、ボロ家となった不破関屋目当てに旅行したものの、修繕されたと聞き、ここで引き返したそうです。


すぐに、今須宿に入ります。寺社や町並みを見ながら歩きます。


京都の問屋河地屋が大名の荷物を紛失し、願かけてお祈りしたら出てきたので、お礼にと建てた文化5年の常夜灯があります。また、問屋場の建物が残っていました。


JRのレンガの陸橋があったので潜ってみると、岐阜県で最も古い妙応寺があります。この辺りには本陣・脇本陣跡がありますが、見落としそうになりました。


橋を渡った後、国道に一時的に合流します。一里塚跡がありました。


そして今須峠に至ります。解説を見ると「堅城と見えたり、一夫関に当たれば万夫すぎがたき所というべし」とあります。東へ向かう私はそんな実感はなかったのですが、実はこの反対側が長く続く下り坂です。下ったところには若干民家がありました。


集落には、常盤御前の墓と芭蕉句碑があります。新幹線を潜ったすぐのところには、鶯の滝がありますが、裏が新幹線の盛り土なので、もはや名所とは言えないようにも思います。


大谷吉継の墓の案内の前を進み、歩道橋を渡ります。


すると、壬申の乱で敗北した弘文天皇が自害したという場所があります。


また、壬申の乱の大友軍が掘ったと伝わる井戸の跡もその先にあります。


藤古川を渡ると、すぐに不破の関となります。不破の関は奈良時代の終わりまで存在していました。


不破関守跡の場所には、沢山の石碑が集められていました。ここには資料館がありますので見学しました。これで、古代における近畿の果ても通過したことになります。


不破関関庁跡と大海人皇子の兜掛石・沓脱石が、街道から少し北の場所にあります。また、関の東西には城門があり、昼間だけ開いていたそうで、もし都で何か発生した場合、固関と言って、関を閉じて東山道を通行止めにしたとのことです。東の城門には解説版のみありました。この先の月見 宮大杉のところには、関ヶ原の合戦の武将、福島正則の陣地がありました。


この先で国道と合流します。関ヶ原の戦いの死者を葬った西首塚があります。


いくつか寺社を見ながら、国道沿いを歩きます。滋賀県内の宿場を見てきた感覚からすると、岐阜県内では町並みがあまり保存されていない印象があります。関ヶ原宿では脇本陣の門が何とか残っていました。この日は季節の割に暑く、駅前の温度計を見ると28℃でした。


七つ井戸跡の案内板が、道路に面して経っていました。また、醤油か何かを醸造する建物には昔の雰囲気が残っています。ガソリンスタンドには与市宮の案内標識がありました。源平時代の郷士を祀ったとのことです。


国道から中山道は分かれます。JR線の高架には「堂街道」の表記がありました。何を指すのかはわかりません。


一時的に国道に合流し、また分かれます。そして、松並木を通ると、小高い所に、徳川家康の最初の陣地が見えます。ここから周りを一望できますので、戦況把握には都合が良かったことでしょう。


その先には水汲み場の六部地蔵があって、休憩所になっています。また、何も無いように見えるところには、山内一豊陣地跡の案内板が建っていました。


しばらく歩くと集落となりますが、ここは間の宿だったそうで、野上「七つ井戸」があります。水を汲むことはできますが、虫の残骸など小さなゴミが浮いていて飲むことはできません。この北は、平忠常の墓(1031)のしゃもじ塚、南は、壬申の乱の大海人皇子の行宮跡推定地です。

垂井町

鳥居を越えて進むと垂井町となります。ここで国道を横断します。


しばらくすると立派な一里塚がありました。国の史跡の一里塚は、中山道ではここと板橋宿だけです。また、ここは東軍の浅野幸長の陣地でもありました。一里塚の隣には日守の茶所があります。元は常盤御前の墓の付近にあったそうです。


古くはなさそうな道標の前を通り、歩道橋を渡ります。松島稲荷神社があります。


いよいよ垂井宿です。濃尾平野の端にようやくたどり着きました。この日は「垂井曳〓まつり」(〓は車へんに山)で、子供歌舞伎を行っていて、舞台である山車を3台見ました。


大勢の人がいて、出店も並んでいました。このため、本陣や高札場、あるいは旅籠などがどこなのかさっぱり判らず、大鳥居しか見つけられませんでしたが、1年に3日間だけの伝統的な祭りを見たのは運が良かったと思います。ここで軽いものを買って食べながら子供歌舞伎を見ました。


祭りは、宿場じゅうが賑わうほどのものでした。橋の近くの「東の見付」近くにも山車がありました。川には見たことのない数の鯉のぼりがありました。


川を渡ると、宝永年間の追分道標があります。ここで中山道から名古屋へ続く美濃路が分かれます。さらに、無料の休憩所の追分庵があり、中山道を歩く人がい ろいろと立ち寄ります。マスターの人から色々とお話を聞きました。次回は、ここから美濃路に入り、大垣へと向かいます。4日間連続して歩いたのは初めてでしたが、過大な疲労を抑えて道中を楽しむには、今回の歩行距離が上限と感じました。


彦根〜柏原
垂井〜墨俣
戻る