彦根〜柏原間 (中山道)


13日目(2010年5月3日)に近江鉄道フジテック前駅から柏原宿まで歩いた記録を記しました。

第13日目ルート(全日)

(1) 近江鉄道フジテック前駅
(2) 磨針峠
(3) 番場宿
(4) 茶屋道館
(5) 居醒の清水
(6) 松並木
(7) 番の面遺跡
(8) 一里塚
(9) 柏原宿歴史館

彦根市

11:17に前日の終点の近江鉄道フジテック前駅近くからスタートしました。すぐに道は分かれますが、案内を見ると、舗装道ではなく、右側の山道を登るようです。平地用の装備はまずかったかと思ったのですが、さしたる距離ではありませんでした。ハイキングでリフレッシュするような気分です。


そして、摺針峠に到着します。以前は望湖堂という茶屋があり、本陣並みの設備だったそうです。琵琶湖を拝めるのはこれが最後です。


峠を下っていきますが、いい田園風景が広がっています。急に空腹を覚えたので、かなり早めに弁当休憩としました。昭和50年の道標があり、その先で名神高速と併走していきます。

米原市

伊吹山を望みながら坂を下っていきますが、ここで一人の青年が向こうから歩いてきました。街道を歩く人は通常私より年齢が上ですが、この青年は、若さのなせる故か、朝5時台に垂井宿を発ち、高宮宿まで行くといいます。私が2日半かける区間を1日で歩くとは、昔の人のようなペースです。やがて、番場宿の標石が見えてきます。のどかですが、往時の宿場の雰囲気が残ります。山中には戦国時代の鎌刃城跡があるそうです。


いくつか寺社があります。高速道路近くには蓮華寺があり、南北朝時代に戦死した北條仲時の墓などがあります。


かなり多数の問屋場跡の標石があり、その中に混ざるようにして本陣跡、脇本陣跡がありました。米原道の道標を見ながら進みます。道端にはオドリコソウが咲いています。トラロープにとまるキビタキもいました(保護色?)。宿場はこのあたりで終わりでしょうか。


久礼という集落には、一里塚があったようです。解説は高速道路沿いにありました。高速を潜った先で、街道は分岐します。


寺院の前をとおり、国道を横切ります。


茶屋道館という木造の建屋を過ぎ、国道に合流します。ちょっと奇妙な伝説のある、一類狐魂等衆の碑も建っています。その先で、醒井宿の入り口となり、国道から分かれます。


藩の地権の境界を示す六軒茶屋跡、新しい道標2本を通過します。


以前醒井にはバイカモなどを見に来たことがあります。見覚えのある西行水がありました。伝説は、西行法師の飲み残した茶を飲んだ女性が子供を産んだものの、法師が「もし我が子であれば元の泡へ帰れ」といったら泡になったというものです。認知はしたものの、僧侶の身なので世間体を気にして、どこかに子を預けてしまった、という連想が頭をよぎりました。橋を渡ると宿場のメインストリートです。神輿が練り歩いていました。


駅に近いところには、醒井郵便局跡があり、資料館になっています。ここで、色々話を聞き、中山道の地図ももらいました。また、レンタサイクルで移動している女子学生も見学に来ていました。建物の間取りなどの質問をしていましたが、課題が出されているそうです。川に沿って東へ進みます。


十王水の碑を見て進み、問屋場跡の資料館を見学しました。本陣跡もあります。


その先に、醒井延命地蔵尊が建っています。


地蔵尊の隣は居醒の清水で、きれいな湧き水で飲むこともできます。郵便局の資料館では、ここの水でたてたお茶をいただきました。私はペットボトルに詰めて、街道歩きの飲用水としました。入れたてなのでペットボトルの臭いも移らず、おいしいナチュラルウォーターです。加茂神社の上からは町並みが見渡せます。


鮫島中将の歌碑「あらばいま 捧げまほしく 醒井の うまし真清水 ひとしずくだに」、醒井宿の碑、見附跡の解説、景観の良い鶯ヶ端の解説、佛心水があります。佛心水の近くに馬頭観音があるはずですが、よくわかりませんでした。


やがて、小中学生が植林したマツのある一里塚跡があります。元はエノキです。神社の手前で木が深く繁っています。


中山道は国道に合流した後、再び分かれます。ラブホテルが何軒もあるのが残念ですが、広い区間に分散するより、一箇所に固まっている方がマシでしょうか。


遺跡を示す標柱がありますが、正体はわかりませんでした。この付近は古代東山道の横河駅があるようですが…


地蔵尊などを横目に進みます。マンホールを見ると、旧山東町となっています。旧安土町のところでも書きましたが、マンホールは30年ほどはもつでしょうから、しばらくは消滅した市町村を目にすることができます。墓跡黒谷遺跡と書かれた隣の石は、やや古い道標にも見えます。


旗本西郷氏領と書かれた石柱や、縄文中期の「番の面遺跡」の案内板が建っています。


林を抜けた民家には、菖蒲ヶ池跡、小川の関の説明版があります。


さらに歩いた先にも植樹した松並木があります。江戸時代は周辺の村が管理していました。鶯ヶ原とそれにちなんだ歌の説明もありました。


北畠具行卿墓、街道並び松、西見付跡の案内などを続けて通過します。この付近から宿場に入るのでしょうか。


柏原一里塚跡が少し奥まったところにありました。


文化年間の常夜灯があり、風情ある町並みになってきます。前日歩いた鳥居本宿同様、○○跡という立て札が多く、全部載せたら大変な数になります。


やくし道への道標(享保年間)を見かけました。また、銀行跡、荷蔵跡もあります。


柏原宿歴史館は休館日でした。翌日に訪れた時の写真を載せます(この先、一部翌日の写真です)。


柏原村役場跡、造り酒屋跡、亀谷左京もぐさ屋、高札場前の常夜灯、皇女和宮宿泊の本陣跡と風雅の道、映画監督吉村公三郎の実家など、大規模な宿場ゆえに撮影ポイントは事欠きません。


旅籠、脇本陣、問屋場・荷蔵跡などを見た後、駅前でこの日は終了しました。17:27となっていました。


近江八幡〜彦根
柏原〜垂井
戻る