近江八幡〜彦根間 (中山道)


第11日目(2010年5月1日)に近江八幡武佐宿から近江鉄道豊郷駅まで、12日目(2010年5月2日)に近江鉄道フジテック前駅まで歩いた記録を記しました。

第11日目ルート(全日)

(1) 武佐宿
(2) 老蘇
(3) 教林坊
(4) 片山半兵衛家
(5) 追分道標
(6) 愛知川の常夜灯
(7) 愛知川宿
(8) 将門首塚
(9) 豊郷駅

第12日目ルート(全日)

(1) 豊郷駅
(2) 葛龍町
(3) 高宮宿
(4) 石清水八幡宮
(5) 小野小町塚
(6) 鳥居本宿
(7) 近江鉄道フジテック前駅

近江八幡市

私は、原則として街道を連日歩かないことにしていますが、なるべく実家のある東海地方へと近づけたいので、GWを使って一気に岐阜県まで東進することにしました。中山道は歩く人が多く、ネット上にも数多くの情報があるため、ここでは多少手を抜いても良いかとも思いましたが、実際に歩いてみると非常に内容の濃い街道でしたので、やはり書かずにはいられません。まず、前回の続きの武佐宿から、11:52にスタートしました。

松平周防守陣屋、本陣、旅籠などがあります。郵便ポスト(書状集箱)は復刻したものです。



また、元警察署や脇本陣など、この宿場の保存状態はなかなかのもので、すべて掲載していたらきりがありません。


武佐宿を抜けて先へ進みます。中山道を示す案内はあちこちにありますが、標識になっているものもありました。マンホールが近江八幡市から安土町になり、どちらも興味深い図柄ですが、安土町は近江八幡市に吸収されて消滅しました(合併時、町が二分したと聞きます)。マンホールの耐用年数は、今だ電電公社のものが多く残っていることからもわかるように相当長く、しばらくは安土町のものが残るでしょう(近年、デザイン重視のために滑り止め機能が弱いマンホールを、置き換える動きがあるそうですが)。


その先に、東光寺の木造阿弥陀如来立像の案内があります。その前の標石は安政年間でした。さらに、鎌若宮神社、老蘇(おいそ)小学校の井上多喜三郎記念碑があります。


この小学校のすぐ先には轟地蔵旧跡の案内もありました。このあたりで道は一時的に北東に向きを変えます。


老蘇の森の根来陣屋跡と奥石神社を見て進みますが、別資料ではこのあたりから1km以上ルートが異なっています。私は近江歴史回廊推進協議会のパンフを持っていたので、このまま石寺楽市まで進みました。別資料では国道を進みます。


食事を取れそうなところがほとんど見当たらず、うどんの文字に引かれて教林坊まで行きました。教林坊は観音正寺の元子院の中で現存する唯一の寺院で、一時廃寺になっていたのを復活させたものです。コケが生えている風景は味があります。拝観時にもらうパンフによると、聖徳太子創建とあります。紅葉の季節は大勢人が来るのだそうです。300円のうどんを屋台で食べながらいろいろお話が聞けたのですが、昔ここは中山道の裏街道となっていて、関所を迂回したい人を、こっそり通していたのだそうです。


再び歩き始めると中山道の文字がありますが、ここで資料間のルートの食い違う区間は終わります。このあたりに道標があるはずですが、見落としてしまいました。中山道は主要街道であり、さらにGW中なので、街道歩きをしている人と頻繁にすれ違います(長距離にせよ短距離にせよ、一目でわかります)。ここでも一人会いましたが、一里塚跡を探していました。どうもルートの食い違った区間内のようです。


東近江市・愛荘町・豊郷町

国道をかすめて進むと、茅葺屋根が2軒ほどあります。西側のものは片山半兵衛家かもしれません。文化財修復工事をしている場所もありますが、何なのかはわかりません。


天保年間の常夜灯や役場の前を通って進み、用水を渡ります。


御代参街道との追分道標を過ぎ、踏み切りを渡ります。東嶺禅師生誕地の碑があり、小さな神社の前を通ると、常夜灯が2箇所にあります。西のものは享和年間、東の大きいほうは文政年間です。


愛知川を渡ると愛荘町に入ります。ここに巨大な弘化年間の常夜灯があり、寄付で立てられたそうです。ちなみに川に掛かっていた橋はむちん橋といわれていて、通行料は無料だったそうです。まもなく愛知川宿に入ります。


旅籠(現在は竹平楼)の隣には、明治天皇が来訪したときの碑があります。また、八幡神社、宝満寺の解説があります。解説版によると、奈良時代が起源とあります。


また、ここでも書状集箱がありました。郡分地蔵尊付近で愛知川宿の東端になります。私は、近江歴史回廊推進協議会の詳細地図の載ったパンフ(全2巻)を参考に歩いてきましたが、第1巻を持ってくるのを忘れたため、ここから先は予備のガイドブックの簡易地図に頼りました。


いくつか寺社を通り過ぎると、川の手前に将門伝説の首塚があるらしいですが、探すと土を盛ったような丘がありました(解説板はありません)。歌詰橋を渡って進むと江州音頭発祥の地の碑が建っています。ここで、中山道を東京から歩いてきたという人に会いました。近くに、史料民芸館の豊会館(又十屋敷)がありましたが、閉館時刻を過ぎていました。ここには一里塚跡もあります。


湧き水の出ていた金田池のレプリカを見ながら進みます。


駅の近くには伊藤忠兵衛生家がありました。伊藤忠や丸紅を創立した近江商人です。豊郷駅が近いので、この日は17:23に終わり、翌日、11:46に再開しましたが、まずは伊藤忠兵衛記念館を見学しました(写真が少し前後しています)。近くの駐車場には長兵衛の名がありますが、忠兵衛との関係は、記念館にある会社の系譜を見ても複雑で良くわかりません。大福帳に代わり、複式簿記を導入した史料もありました。見終わった後、くれない公園で弁当休憩をしました。


役場を越えた後、間(あい)の宿や一里塚跡があります。2つの宿場の間にある休憩所とのことです。また、安食南という場所には、矢を射って湧き水が出たという伝説(やりこ)の解説版がありました。


唯念寺の近くには先人を偲ぶ館がありましたが、休館日でした。やむを得ず先へ進みます。


彦根市

甲良町と接しながら、田園地帯を進みます。水辺に不思議なモニュメントもありました。


いたるところに地名を記した中山道の表記があります。葛龍町をはじめとした集落に入る手前で案内板がありますが、これは参考になります。


集落に入ると、了法寺や月通寺をはじめとしていくつか寺院があります。街道からそれたところには松風邸跡、博習学校跡の碑があります。街道沿いには足利義詮の伝説の、産の宮があります。


犬上川には、むちんばしの標石(天保年間)があります。愛知川のところと同様、これも通行料が要らない橋でした。川にはこいのぼりが泳いでいました。橋を渡ったところには、川の中から出てきたという、むちん橋地蔵尊があります。ここからは高宮宿です。


円照寺、本陣跡、脇本陣跡が狭い地域にかたまっています。また、芭蕉の紙子塚「たのむぞよ 寝酒なき夜の 古紙子」の前を通ります。


その先に、高さ11mの1635年の大鳥居があり、県の文化財になっています。また、常夜灯は高さ6mです。周辺の案内板も建っています。


高宮神社、木之本分身地蔵尊を過ぎて、近江鉄道線を渡り、宿場を抜けます。


歩いていると、「すぐ中山道、左彦根」と書かれた小さな道標に気づきました。唯稱寺や木造の集会所が道沿いにあります。


小高くなったところには石清水神社があり、そこに扇塚があります。以前は面塚もありましたが、扇子と面は能楽のものです。道の反対側には、お休み処のかどや跡地とその井戸の解説版が建っています。現在は駐車場です。神社の丘の隣は地蔵堂です。


芹川を渡って進むと、巡礼の道標(慶応年間)があります。春日神社前を進みます。このあたりで地元のおばあさんにつかまりました。ローカルな話題が多くて、2割くらいしか理解できませんでしたが…


彦根ICの料金所の付近に、天保年間の道標がありました(その少し手前にも道標があったはずですが見逃しました)。その先の原八幡宮には、芭蕉句碑「ひるかおに ひるねせうもの とこのやま」と、芭蕉の門人が詠んだという白髪塚「恥ながら 残す白髪や 秋の風」があります。


田園地帯を進み、やがて新幹線と名神高速にはさまれた道になります。そこには小野小町塚がありました。小さな集落を通過して再び田園地帯になります。


そして、鳥居本宿に到着します。文政時代の道標がありますが、ここに接続するのは野洲で分岐した朝鮮人街道です。


道沿いには専宗寺があります。また、いたるところの家屋に、「○○跡」というプレートがぶら下がっています。


本陣や脇本陣は現存しませんが、ここの宿場の町並みはよく保存されていると思います。


その他、合羽所、赤玉神教丸本舗など、さまざまな家屋が残されています。


やがて国道に合流します。振り返ると、松並木がわずかに残っているのがわかります。その先で再び国道から別れますが、近江鉄道フジテック前駅が近いので、この日はここで終了し(16:50)、翌日はここから歩き始めました。


草津〜近江八幡
彦根〜柏原
戻る