草津〜近江八幡 (中山道)


9日目(2009年8月12日)に、JR草津駅からJR野洲駅まで、10日目(2010年4月3日)に武佐宿まで歩いた記録を記載しました。

第9日目ルート(半日)

(1) JR草津駅
(2) 松尾芭蕉歌碑
(3) 今宿一里塚
(4) 守山宿
(5) 野洲川
(6) 朝鮮人街道の辻
(7) JR野洲駅南

第10日目ルート(全日)

(1) JR野洲駅南
(2) 桜生史跡公園
(3) 子安地蔵
(4) 西池
(5) 平家終焉の地
(6) 義経元服の池
(7) 日野川
(8) 住蓮坊首洗い池
(9) 伊庭亭剛邸
(10) 武佐宿の道標

草津市〜栗東市

12:40に草津駅南から歩き始めました。中山道は半年ぶりでした。いくつか寺社の前を通りますが、途中中山道であることを示すものがいくつもありました。



この後、JRを潜ります。



やがて栗東市に入ります。猛暑の中、弁当休憩をとりました。二つ神社の前を通りますが、二つ目が大宝神社で、再建で真新しい大宝村道路元標(しかし建立は大正のままで記載)と松尾芭蕉の歌碑がありました。



守山市〜野洲市

すぐに栗東市を抜け、守山市に入ります。古高俊太郎と書かれた碑の横を通ります。神社の境内には、土地境界標のような石柱があります。また、その先に住蓮坊母公墓がありました。鎌倉時代の僧侶の母とのことです。その先に、滋賀県内ではここしか現存しない今宿一里塚があります。



その先を進むと、守山市の重要文化財の常夜灯があります。ここは守山宿で、すぐ近くには土橋があります。昔は広い川だったようですが、今はありません。



この付近で、おじさんに声をかけられ、色々教えてもらったりパンフをいただいたりしました。東門院には、そのおじさんが寄進したというカエル像があります。



また、道標もあり、さらには中山道街道文化交流館がありましたので、そこで避暑休憩をとりました。2階には版画が並んでいます。ここで、滋賀県内の中山道の地図「近江中山道中絵巻」の一と二を手に入れました。近江歴史回廊とあり、詳しく書かれたパンフです。交流館の先には高札場跡もあります。後でよく地図を見ると、この守山宿には他にも色々見るところがありました。



吉身(吉水郷)の解説板のある小さな川を渡り、日本書紀に記述のある益須寺跡の解説板の前を通ります。続いて野洲川を渡り、野洲市に入ります。



川を渡ったところに十輪院があり、すぐにJRを潜ります。しばらくすると背比べ地蔵がありました。



その先に、朝鮮人街道が中山道から分かれる辻があります。中山道外和木の標の前を通り、新幹線高架手前の交差点に到着しました。JR野洲駅の南なので、この日はここで終了しました。15:41となっていました。暑さ対策は十分にし、水分も沢山とりましたが、真夏なので守山宿辺りまでにとどめておいた方が、健康上良かったかもしれません。


8か月ほど経ってから第10日目を歩きました。同地点から11:42にスタートしました。稲荷神社の横を通り、桜並木の用水路の隣を歩きます。


中山道が新幹線の近くまで来たところで、桜生(さくらばさま)史跡公園があります。この一帯は大岩山古墳群があります。6世紀前半の、甲山古墳、天王山古墳、円山古墳とそれらの石棺を見ました。古墳の頂上からは周辺の景色を眺めることができます。


その先を行くと、地蔵堂に子安地蔵があります。平安時代末期とのことでした。


篠原神社のところには解説がありましたが、このあたりを流れていた家棟川は天井川で、川を潜るトンネルがあったそうです。最近、河川を改修して土砂を削り取って川は道路よりも低いところを流れるようになていました。


やがて、国道8号に合流します。近くのコンビニで簡単な食べ物を買って食べました。南側には西池がありますが、ただの池かと思ったら、大昔に作られた伝説があるようです。水面は高くなっています。


この先の国道から一時的に分岐する場所を間違え、少し時間をロスしました。


しばらく進み、平家終焉の地に到達します。解説の冒頭に「平家が滅亡した地は壇ノ浦ではなくここ野洲市である。」と宣言されています。つまり、壇ノ浦で捕 らえられた平宗盛らは、義経によって鎌倉へ連行されようとしていましたが、頼朝に追い払われたので、京に戻る途中で処刑されたのだそうです。この隣の池は蛙不鳴池と呼ばれています。


その先でまた再び国道から一時的に分かれます。ここは古代東山道と重なるようです。


竜王町〜近江八幡市

竜王町に入り、国道に合流したところでは道の駅があり、周辺の解説もありました。このあたりは鏡宿でした。道に面して義経元服の池がありました。


さらに、義経の烏帽子掛けの松があります。ここで義経は烏帽子を松に掛けて、鏡神社に参拝したそうです。この周辺は、本陣をはじめとして旅篭などがあったことを示す説明がいくつもありました。


歩き続けると、国道から分かれて合流し、再び分かれます。道は日野川に近づき、細くなります。


橋まで遠回りして渡り、近江八幡市に入ります。やがて田園地帯となります。


集落に着いた後、国道と合流します。


白鳥川のところには、参道を示す新旧道標があります。背の低い方は享保年間でした。


歩いていくと、住蓮坊首洗い池がありますが、これは法然上人の念仏教団にいた僧侶が処刑された場所とのことです。


その先で二回直角に曲がりますので、宿場が近いことを予見させます。国道に一時的に合流し武佐宿に入ります。


その先で、大きなクスノキが見えてきます。これは伊庭亭剛邸の跡で、公害問題にあたったり植林などを行った人でした。


そして、近江鉄道武佐駅に着きますが、電車が来るまで少し時間がありましたので、ちょっとだけ先まで言ってみました。まず、高札場跡がありました。


続いて、道標や愛宕山、慶応年間の灯篭があります。その先にも道標が道路を挟んで建っています。大きい方は文政年間です。とりあえずこの日はここまでとして、駅まで戻りました。16:17となっていました。


大津〜草津
近江八幡〜彦根
戻る