堺〜森屋[千早赤阪]間 (富田林街道)


1日目(2011年1月29日)に堺から萩原天神駅まで、 2日目(2011年2月13日)に富田林市寺内町まで、 3日目(2014年8月24日)に千早赤阪の森屋まで歩いた記録を記しました。 富田林以東は千早街道とも呼ばれています。

第1日目ルート(短時間)一部もしくは全ての区間で自転車を手押ししています

(1) 竹内街道との辻
(2) 日高宮
(3) 萩原天神駅

第2日目ルート(半日)

(1) 萩原天神駅
(2) 舟渡池
(3) ゴルフ場
(4) 寺内町

第3日目ルート(短時間)

(1) 寺内町
(2) 馬場地蔵
(3) 森屋

堺市内

竹内街道との分岐点から11:53に歩き始めました(1枚目左側の道)。 この日は自転車を手で引きながらの歩きでした。 しばらくすると府道と合流し、ずっとまっすぐで、あまり面白みはありません。 中百舌鳥駅周辺は、旧道は残っていないようです。


延々と初芝駅方向に歩いていきますが、 途中2箇所、短距離だけ府道から分かれている場所がありました。


初芝駅のすぐ近くを通って進みます。 池の隣に日高宮があります。 元は府道の反対側にあったそうです。 常夜灯は天保年間でした。


交差点で南に折れますが、ここには天保年間の道標が建っていました。 街道は池に沿って進み、再び南へと進みます。


途中分岐があり、東側の道を進みます。 区役所の近くを通り、萩原天神駅の近くの踏み切りに至ります。 この日は朝に胃カメラ検診を受けて疲れ気味でしたので、 ここで終了しました(13:21)。 次は13:05に歩き始めました。


阪和道を潜って進みます。 集落に入り何回か曲がります。 旧美原町の名残のマンホールがありました。


しばらく府道を進みます。


黒田小学校の所で南に折れると、すぐに舟渡池となります。 この辺りは、古代の茅淳道(ちぬのみち)と重なっているようです。 池にはサギ、ウ、カモなどの水鳥がいました。


コンビニの所の分岐で細い方に進みます。 街道は何度か曲がりながら進みます。


1枚目の写真の辺りに道標があるはずですが見逃しました。 和泉街道を歩く時に再度確認するつもりです。 そこからしばらく歩き続けて府道に合流します。


富田林市内

ゴルフ場の敷地沿いを延々と歩き、富田林市に入ります。 千円札の切れ端を拾いました。 PL病院の手前の地蔵尊の手水鉢(写真右側)は慶応年間のものでした。


PL教団の中枢施設群の隣を通って延々と坂を下り、 近鉄線踏切を渡ります。 交差点で道が分岐しますが、 真っすぐ細い方の道を進みます。


寺内町に入り、風情がある街並みとなりますが、 東高野街道歩きの時に触れましたので、省略します。 旧杉山家住宅の近くで終了しました。15:23となっていました。


続きは、3年ほど空けて再開しました(10:00)。 始めは千早街道を進み、それから水越峠越えのルートとなります。 千早街道の山中田坂は、「じないまち展望広場」にあります。 金剛大橋までの短距離の写真は2015年2月1日のものです。


昭和初期の大師堂があります。 中の仏像は明治初期に廃寺となった寺にあったものだそうです。 金剛大橋を渡ります。


橋の向こうで、石川の少し上流から歩き、 すぐに府道に合流します。 数百メートルほどで橋を渡ります。


橋の南の道から東に進みます。 やや風情のある住宅街を歩き、 県道を渡ります。


ぐるりとカーブし、再び府道に合流します。 そして河南町に入ります。

河南町内

1km以上、府道を歩きます。 やがて府道から分かれます。


しばらく住宅地を進みます。 郵便局の先で府道に合流します。


すぐに、府道から分かれます。 そこには馬場地蔵があります。 元は200メートルほど北東にあり、 石仏は南北朝の頃のものだそうです。 ここで橋を渡ります。


そして道は南に進みます。

千早赤阪村内

細い道に分岐します。 風情のある街並みを進んで元の道に合流します。


合流後も風情があります。


森屋地蔵尊の前を過ぎると、森屋交差点となります。 この日はここまでとしました(11:24)。 ここから千早街道と分かれます。


戻る