和歌山城〜みさき公園間 (孝子越街道)


1日目(2012年10月27日)に和歌山城から和歌山大学前駅まで、 2日目(2012年12月15日)にみさき公園駅まで歩いた記録を記しました。

第1日目ルート(半日)ノルディック ウォーキング

(1) 和歌山城
(2) 紀ノ川
(3) 加太線の横断
(4) 梅原交差点付近
(5) 和歌山大学前駅

第2日目ルート(短時間)ノルディック ウォーキング

(1) 和歌山大学前駅
(2) 孝子峠
(3) 孝子駅
(4) 橘逸勢の墓
(5) みさき公園駅

和歌山市内

和歌山市中心部から孝子峠までの街道ルートは良くわかりませんが、 明治時代の地図から、自然に思えるルートを選んで歩いています。 まず、和歌山城の西の丸から歩き始めました(12:36)。 そこから北上し、和歌山市駅の方に向かいます。 市街地のルートはよくわかりませんが、途中南方熊楠の生誕地がありました。 和歌山市駅の北の踏切を横断します。


すぐに紀ノ川の堤防になりますが、現在の橋はこれより上流側にありますので、迂回します。


住吉神社がありますが、常夜灯の年代は寛政、文化、文政となっていました。 鳥居はそれより新しく元治年間です。その後、郵便局の隣を通って、カーブする道を通ります。


道の残っていない場所がありますが、気づかずに進んで少し時間をロスしました。 この場所は迂回して保育園の前に出て進みます。


しばらく真っすぐな道です。国道26号を渡り、そのまま進みます。


南海加太線を渡ります。和歌山放送の送信アンテナがそびえたっています。 橋を渡りますが、川にはボラのような魚が群れをなして泳いでいました。 このあたりで車に乗ったおじいさんに道を尋ねられましたので、地図を見ながら教えました。


しばらく河岸を進みます。川の合流点から北東に進みます。 


国道16号を2回渡り、梅原交差点の北で細い道に入ります。 川に沿って歩きますが進めなくなり、国道16号に再び戻ります。


和歌山大学入口交差点の北で車両の通れない道に入ります。 センダングサが沢山生えていて、通るのは大変です。


三笠池の東側を南海本線に沿って進みます。 やがて和歌山大学前駅に到着し、この日は終了しました(16:18)。次は13:42に歩き始めました。


東側を見ると宅地造成中で、傾斜した地層が良く観察できました。 そのまま坂を登っていくと、孝子峠となります。ここから大阪府に入ります。 交通量が多く、歩きにくい場所です。

岬町内

坂を下り、川のあるところで川沿いに進みます。 すぐに元の国道26号を横切り、孝子駅北の踏切を渡ります。


そこでようやく道標を見つけることができました。 孝子越街道と記されていて、明治時代のものです。 そのまま進み、かなり歩いたところで、踏切を渡ります。


国道に再び合流し、延々と歩きます。 橘逸勢、及びその娘の墓とされる墓石があります。


さらに相当な距離歩くと、 旧道は一時的に細い道となって分岐していました。


深日町駅の東側を通り、国道から分かれて橋を渡ります。


街道は小学校の中を通っているようにも見えます。 小学校の北から北東に進みました。


墓地の六地蔵を見ながら歩きます。 再び国道に合流して進むと、みさき公園駅となりました。 天候が下り坂なので、ここでこの日は歩き終わりました(15:40)。


みさき公園〜泉佐野
戻る