水戸街道(東京都葛飾区)・日光街道(東京都足立区)散歩


2009年3月14日、東京に行ったついでに、水戸街道と日光街道を少しだけ歩きました。 2つのルートは近いものの、当日時間がなかったため通して歩いていません。 どちらも1時間程度の散歩です。

水戸街道(葛飾区)散歩

まず最初に水戸街道の逆走ルートとして、 矢切の渡し近くの金町(8:43)から亀有(9:41)までの短距離を雨の中強行しました。 ちなみに金町の近くには柴又があります。近年は下町風情が失われつつあり、 寅さんの映画撮影も支障をきたしたらしいですが、 店が立ち並んだ帝釈天の参道から外れると確かに開発が進んでいました。

京成金町前の国道6号から、旧街道は分岐します。 古い家屋は見当たりませんが、歩き続けると新金線の浜街道踏切があり、 旧街道であることを示しています。


ここからすぐ先には地蔵尊がずらりと並んでいます。 宝永年間のものもありました。


続いて国道6号まで南下し、再び国道から離れます。 写真では左に進みます。ここから成田街道が分岐するそうです。 このあたりは、新宿(にいじゅく)という宿場があったところですが、 その痕跡を見つけることはできませんでした。 バス停を見ると、新宿一里塚とあります。 ここから一里よりずっと短距離に亀有一里塚があるので、 このバス停名の正体はわかりません。


そのあと幼稚園のあるところで北に曲がると、中川橋の前に着きます。 風雨が強く渡るのに苦労しました。ここからずっと太い道です。 そしてしばらく歩いて、亀有の一里塚の碑(水戸黄門御一行)に着き、 水戸街道散歩はここまでとしました。


日光街道(足立)散歩

強風で首都圏の鉄道ダイヤが大きく乱れていたため苦労しましたが、 千住大橋南詰に着きました(10:34)。大橋の近くには小さな社があり、 虫歯の神様とのことでした。


橋を渡ると、さまざまな解説を見ることができます。 さすがに隅田川には滝廉太郎の「花」に歌われるような風情は残っていませんでした。


本当は橋だけを見る予定でしたが、北千住駅に向かって歩いていくと、 (考えてみれば当たり前のことですが)「旧日光街道」と表示されているのに気づきました。 なるべく旧日光街道を通って北千住まで行こうと思いました。


しばらく歩くと千住宿歴史プチテラスというのがありました。 これは紙問屋横山家の江戸時代の土蔵を移築したギャラリーです。 中に入ると、スタッフの方が詳しく説明してくださいました。 天井を見ると棟札がありますが、180年近く前のものです。 この付近を歩かれる方はここで情報を得ると良いと思います。 この付近は「もとのやっちゃば」というところで、数多くの立て札が立っています。 町ぐるみで往時の風情を保存しようという意思を感じます。


その先の交差点には高札場と一里塚跡の碑があります。 また、北千住駅の見える交差点の付近には、本陣跡があります。 石碑はうっかり見逃しましたが、案内板を見つけることができました。


もう少しだけ先に進み、千住宿歴史プチテラスで教えていただいた横山家に足を伸ばしました。 本当はもっと色々と情報をいただいたのですが、 時間の関係でまわることができませんでした。 横山家の近くには、旧水戸街道との追分があります。 11:35となっていました。


戻る