春木〜久米田間 (久米田街道)

春木〜久米田間 (久米田街道)


2010年12月5日に春木から久米田まで歩いた記録を記しました。岸和田シリーズ、その1です。

ルート(短時間)

(1) 紀州街道との辻
(2) 南海線踏切
(3) 下池田町
(4) JR線踏切
(5) 熊野街道との辻
(6) 久米田寺

久米田道あるいは久米田街道は、岸和田市内の短い街道です。名前やルートのいきさつについては、「岸和田及び近隣地域の旧道と道標」p.29にありました。まず紀州街道との辻から歩き始めました(12:06)。しばらく広い道が続きますが、昔から真っすぐだったそうです。ここは商店街ですが、開いている店はさほど多くはありません。やがて南海線を渡ります。


この先もしばらくは商店街です。商店街を抜けてさらに進みます。


この辺りまで、ほとんど古い建物や道標はないのですが、下池田町辺りで、ようやく府道から分かれます。


道が細くなり、ほっとします。道標があるようですが、見逃しました。すぐに、府道とJR踏切を渡ります。


踏切の先も細い道があり、そのすぐ先で熊野街道の子安地蔵のある場所にぶつかります。先日歩いたばかりなので見覚えがあります。


熊野街道を渡った先の分岐では南側を通ります。道は細くなり、用水が横を流れます。用水に沿って曲がり、新道に合流します。


広い道を横断し、久米田寺の手前で道は分岐しますが、北側を進みます。すぐに広い道に合流します。


そこから見える交差点の前は、行基が作ったと言われる久米田池や久米田寺があり、ここで終了しました。13:23となっていました。


戻る