平野区〜古市間 (古市街道)


1日目(2013年3月17日)に大和川明治橋から藤井寺まで、 2日目(2013年3月30日)に古市まで歩いた記録を記しました。

第1日目ルート(短時間)ノルディック ウォーキング

(1) 明治橋
(2) 松原ジャンクション
(3) カラ池
(4) 城山神社西
(5) 産土神社
(6) 小山善光寺
(7) 南岡地蔵尊
(8) 近鉄線
(9) 辛国神社

第2日目ルート(短時間)

(1) 辛国神社・葛井寺
(2) アイセルシュラホール
(3) 外環状線
(4) 羽曳野市役所
(5) 誉田神社
(6) 東高野街道との辻

大阪市内

14:49に、大阪市平野区、大和川の明治橋北詰から歩き始めました。 ここは庚申街道との辻でもあります。 阪神高速を東に進みます。

松原市内

東除川を渡った先で、住宅街に続く道に入ります。 道が狭い部分がありますが、区画整理されているのかもしれません。 続いて阪和道を横切ろうとしますが、 通路が無いため、東除川沿いの道に迂回します。 ここは松原ジャンクションがあり、移動しにくい場所です。


1枚目が阪和道の反対側の起点です。 道幅の割に交通量が多いのが気になります。 深居神社前を通り、西名阪自動車道手前となります。 部分的に街道は残っていないようにも見えますが、 西名阪の1本南の道を通るようにします。


道は細く、途中から砂利道となって農地の中を進みます。 藤井寺市に入ってから、舗装道路に合流します。

藤井寺市

高校の南には池があります。 池から街道は東へ続きます。


馬街道橋と記された橋を渡り、 津堂八幡神社と城山古墳の手前の道で南に曲がります。


しばらく歩き続けると、産土神社の鳥居でT字路となります。 ここに道標も建っています。


常夜燈が建っていますが、その近くに小山善光寺があります。 7世紀建立で、一時廃寺となっていたようです。


また、伊勢を示す慶応年間の道標が建っています。 廃屋の前を通り、そのまま南下を続けます。


かなり進んだところで、南岡地蔵尊がありました。 天保年間建立で、耕作土中から発掘されたとのことです。 そして、藤井寺駅前北商店街のアーケードに入ります。


近鉄線を渡って藤井寺一番街アーケードとなります。 遣唐留学生の井真成の碑がありました。 奈良時代に唐に渡り、 病死したことが中国で発見された墓誌に記されていたそうです。


アーケードを抜けます。 辛国神社の前の仲哀陵の標柱でこの日はここで歩き終わり(16:23)、 仲哀陵を見てきました(最後の写真)。次は15:24から歩き始めました。


すぐに葛井寺の門前となります。ここには道標が建っています。 ここから南へ進みますが、以前歩いた巡礼道と同じルートになります。


船の形をしたアイセルシュラホールの隣を進みます。 やがて巡礼道と分岐し、東へ曲がります。


小学校の前を通り、交差点で南へ曲がります。


外環状線を潜ります。続いてここから東へ曲がります。 すぐに慶応年間の道標が建っています。


その先には嘉永年間の道標が建っています。 この辺りは古市古墳群の中で、道の南北に大きな古墳が幾つもあります。


市役所の北の交差点を横断します。 とりわけ巨大な誉田御廟山古墳の縁が見えます。


東高野街道歩きの時も見た誉田八幡宮があります。 ここに「誉田林古戦場址」の案内板が建っています。 南北朝初期や室町時代の合戦地、 1504年に結ばれた合戦後の和議の舞台、 夏の陣の陣地が置かれた場所と記されています。


すぐに東高野街道との辻となり、終了しました(16:13)。 ここには道標も建っています。


戻る